忍者ブログ
ヒメスズメバチは、体はオオスズメバチに続いて2番目に大きいけれど、実は一番おとなしいスズメバチなんです。でも、油断は禁物!いたずらはやめましょう!!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヒメスズメバチはオオスズメバチに次いで
体の大きさが大きいスズメバチです。

体長は24から37ミリにもなります。

その色にも特徴があり、黒色で黄赤色の斑紋、
お尻の部分が黒色なので、その他のスズメバチと
結構簡単に区別できるはずです。

このスズメバチは、必ず閉鎖空間に巣を作りますが、
どの地域でも営巣規模は小さく、攻撃性も低いそうです。

また、アイナガバチ専門に餌を集めていることから
アシナガバチの生活史に依存したかたちで営巣を
おこなっており、そのため営巣期間が短くなっています。

日本以外にも、中国やフィリピン、インドシナにも
生息するようです。

営巣場所が閉鎖空間なので、家の中に巣を作られてしまうと
やっかいです。

PR
ヒメスズメバチは、スズメバチのなかで、
一番営巣期間が短いようです。

これは、アシナガバチのみを餌としている為、
アシナガバチの営巣期間と同調している為です。

アシナガバチは基本的には8月には
子育てを終えてしまいます。

本州では、5月下旬より女王蜂は出現し、
7月には働き蜂が、8月には新女王蜂と雄蜂が出てきます。

9月には、営巣をやめてしまいます。

餌をアシナガバチの幼虫やサナギに依存している為
このような短い生活史となったのでしょう。

ヒメスズメバチは、その大きさからはちょっと以外にも
小さな巣しか作りません。

その他のスズメバチは、いかに大きく巣を作り
自分達の力をアピールしているかのように
振舞っていますが、ヒメスズメバチはちょっと
この道からは外れてしまったようです。

働き蜂が羽化した後の営巣規模は日本産の
スズメバチの中で最小です。

また、たいていは大きくなる南、沖縄地方と、
本州のヒメスズメバチの巣とではあまり大きさに
違いがないそうです。

巣の直径は、15から20cm程度、巣盤数は3から4枚
にとどまります。

総育房数は200~300で、働き蜂は10~40匹、
雄蜂、新女王蜂はともに20~40匹です。

ヒメスズメバチの食性は、他のスズメバチと
ちょっと違っています。

それは、餌として狩るのはアシナガバチだけ・・。

アシナガバチの各種の巣を襲い、
幼虫またはサナギを巣穴から引っ張り出しては
体液のみを吸い、自分の巣へ持ち帰ります。

アシナガバチの成虫は狩らないのです。

他の昆虫も襲いません。

アシナガバチの天敵としては恐ろしいかもしれませんが、
なんとも変わった食性のスズメバチです。

コレとは別に、他のスズメバチと同様に樹木の樹液は
好きなようです。
ヒメスズメバチは体が大きい割には
とてもおとなしく、巣に近づいたぐらいでは
攻撃はしてきません。

なんとも温厚なスズメバチです。

ですが、ヒメスズメバチはスズメバチです。

もちろん下手に巣にちょっかいを出せば
刺されます。

そして痛いです・・・。

巣を刺激してしまうと、威嚇行動をとります。

人の回りを「カチカチ」と音を出しながら、
飛び回りますので、どうぞ注意してください。

大きさが、オオスズメバチの次に大きいので、
威嚇されるとかなり怖いと思います。

参考図書:社会性カリバチの生態と進化
スポンサードリンク
バーコード
アーカイブ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]